福井県のアイウエアメーカー村井がモンドティカと合弁会社設立

THU, MAR 10, 2016
160310-mndtc-001.png

 日本精密傘下でオプティカル・フレームやサングラスの企画・販売を手掛ける福井県のアイウエアメーカー 村井が、ロンドンを本拠とするモンドティカ(MONDOTTICA)の子会社モンドティカ インターナショナル(香港)と合弁会社モンドティカ・ジャパンを埼玉県川口市に設立した。同合弁会社は、村井とモンドティカ インターナショナルの折半出資。

 両社は、モンドティカが手掛ける「ヨウジヤマモト」「アナスイ」「マリメッコ」のアイウエアの日本での販売業務を提携していた。今後、モンドティカ関連のブランドの取り扱いはモンドティカ・ジャパンに移管し、「ヴィクター&ロルフ」など他ブランドは従来通り、村井の取り扱いとなる。村井は、この提携を機にモンドティカが持つ全ブランドのサブライセンスと、日本国内を対象とした独占販売権、優先交渉権を取得した。モンドティカは、その他、「コンバース」「テッドベーカー」「ハケット」などのアイウエアを手掛けている。4月12、13日、池袋のサンシャインシティ5階で行う展示会は、村井、モンドティカ・ジャパン両社で出展する。

https://www.wwdjapan.com/business/2016/03/10/00019912.html