logo001
main_slide01_01main_slide01_01
夢を持って、美を求め、形にする
私たち日本精密は「夢・美・形」の追求によって、はじめて輝く明日がやって来ると信じています。
「現実できると信じる心」が、企業の継続と社員の幸せ、そして社会への貢献を実現する原動力となります。
main_slide02main_slide02
日本の"ものづくり技術"を世界へ
世界の経済状況に応じて常に業務革新を行い、
主力製品である時計バンドの低価格化、マスプロダクト製品などの海外生産化を実現し、
世界市場で勝てるコスト競争力で対応しております。
main_slide03main_slide03
日本精密の6つの底力
日本精密の『人材力』は、6つのチカラ「提案力・開発力・コスト力・技術力・品質力・管理力」をベースに
国内一流企業や海外メーカーの高いニーズに応えております。

日本精密は1978年、日本が長年じっくりと培ってきた世界

日本精密は1978年、日本が長年じっくりと培ってきた世界に誇る”日本のものづくり技術”を背景に、埼玉県秩父の山峡で産声をあげ、爾来(じらい)二十 年余埼玉・秩父を中心に発展してきました。その後さらなる世界市場のニーズである「高付加価値製品」の「低コスト化」に答えるため、ベトナムへの製造拠点 移設以来ここ川口市に本社を構え、日本において当社経営の根幹である経験豊富な人間力で「企画開発、販売・営業計画」などのすべてを一元管理しています。 お客様のニーズを的確に捉える営業力を開発へ生かす。どこよりも迅速に、お客さまの満足度に高く応える製品をカタチにする。確かな技術に裏打ちされた製品 を提供する。それが日本精密の使命であり、社会への貢献の恒久的責任であると考えます。

PRODUCT

メガネフレーム

人の肌に触れるモノだからこそ、日本精密の製品づくりは緻密な理念に則ったベテラン社員の叡知を結集し開発しています。

フィッシング用部品

「釣り人」の道具に対するこだわりは並大抵ではありません。その高いニーズに答えているフィッシング用部品は日本精密の自信作です。

静電気除去装置

小型・軽量・安全設計で信頼性の高い圧電トランス交流式を採用。

NEWS

IR会社説明会・決算発表会

2022-06-01

IRニュース

「令和4年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」

2022-05-13

検索する

探したい資料がございましたら、下の検索窓に検索語を入力して下さい。